ウエディングプランナーの役割と仕事内容


結婚するカップルが最高に輝く瞬間を作るお手伝いをする、それがウエディングプランナーの役割であり目的です。
そのために必要な作業や業務などがウエディングプランナーの仕事内容となります。

  • 結婚式場の案内
  • 挙式に関するプランの提案
  • 日程や予算などに関する調整
  • 衣装や食事等の選択や準備
  • 招待状の作成や送付
  • 結婚式の進行を考える

など、非常に多くの業務を担うのがウエディングプランナーです。

今挙げた以外にも細かな仕事が非常にたくさんあり、それらも含めて結婚式をトータルでコーディネートしていかなければいけません。

結婚式はウエディングプランナー次第で成否が変わってくるので、その役割や責任はとても重いものになってくるでしょう
その代わり、結婚式が成功した時の喜びや感動は、他の仕事では絶対に味わうことができないはず。
それを求めてこの業界に飛び込む女性も多々いますから、特に他人の幸せを心から喜べる女性であれば、ウエディングプランナーの仕事は向いているのではないでしょうか

また、転職したい女性が目指す職種としても、近年は特に人気を博してきています。
需要も相変わらず高いため、ウエディング業界へ転職したい女性であれば、まず目指すべき職種となるはずです。

あれば転職が有利になる資格を紹介


ウエディングプランナーとなるのに必要な資格は特にありません。
無資格でも未経験でも就くことができる職種の一つです。

ただ、民間の資格はいくつか存在しています。
絶対に必要であるというわけではありませんが、人気の結婚式場や待遇等が良い求人を狙うのであれば、一つの武器として取得しておいてもいいのではないでしょうか

例えば、全米ブライダルコンサルタント協会の「ブライダルプランナー検定」や、日本ブライダル事業振興会の「ブライダル・コーディネーター検定」などがよく知られています。

これら直接的な資格とは異なりますが、外国人に対応できたり外資系企業で重宝されるTOEICや、衣装選びなどに役立つカラーコーディネートの資格、式場設営に活かせるフラワーアレンジメントの資格なども、それを持っていれば大きな武器として転職活動に有効活用することができるでしょう。

また、意外なところでは秘書検定なども役に立つことがあります。
ウエディングプランナーの仕事はカップルと密に連絡を取り合い、また、ホテルなどの式場との調整も行わなければいけません。
情報処理能力やコミュニケーション能力が養える秘書検定も、この仕事をする上で役に立つものと言えるはずです。

  • 1