多くの女性が知らない歯科助手のこと


歯科医院のお世話になると、そこには必ず先生以外の女性たちがおり、先生の仕事のサポートを行っています。
一般の人にはよくわかりづらい部分がありますが、歯科医師以外には歯科衛生士と呼ばれる仕事と歯科助手と呼ばれる仕事があり、後者は主に女性が担うことが多くなっています。

この歯科助手の仕事内容ですが、歯科医師や歯科衛生士と異なり資格を必要としないため、医療行為やそれに準ずる行為はできません。
そのほかの行為、例えば治療に使用する道具を用意したり、治療中にそれを歯科医師の指示に従い渡したりなどが主な仕事内容となります

細かい仕事を挙げれば、

  • 治療中に患者さんの口の中を見やすくするため専用のライトで照らす
  • 患者さんの唾液を吸い取る
  • 歯への詰め物を作るための石膏を用意したり型に注ぐ

などもあり、さまざまな業務を担うことになります。

その他に、事務的な作業を行うこともあるでしょう。
それこそ、受付も担当することもあるのが歯科助手の仕事。
電話対応や患者さんの予約を受けたりなどを任されることも出てくるはず。

地味な作業が多いですが、歯科医院にとっては重要なポジションとなるため、大きなやりがいを感じられることは間違いありません

歯科助手になるために必要なこととは


やりがいがある、そして誇れる職業へと転職したい女性にとって、歯科助手の仕事というのはうってつけの選択肢となるのではないでしょうか。

歯科助手の仕事は、上でも少し触れたように、特別な資格を持たずとも就くことが可能です。
この仕事に関連した民間資格は存在しているので、歯科助手へと転職したい女性は取得しておいても損はないでしょう。
多少は有利に働くかもしれません。

ただ、やはり魅力的なのは、未経験でも求人への応募が可能であり、採用される可能性があること。

採用されやすくするためには、清潔感コミュニケーション能力、これらを主張することが不可欠です。

歯科医院はもちろん医療施設ですから、清潔感のない女性は敬遠されてしまいます。
受付を担当することもあると説明しましたが、患者さんからの第一印象が良くないと判断されれば採用されるのは難しくなってしまうでしょう

受付業務や電話対応があることを考えれば、コミュニケーション能力が求められるのも当然のこと。
面接等でそれをアピールすることで、資格の有無に限らず採用される可能性が高まるはずです。

  • 1