転職前に知っておくべき事務の仕事内容と種類


事務職は、非常に多くの女性に選ばれる人気の仕事となっています。
未経験でも就くことが可能である点と、仕事内容があまり複雑ではなく、覚えてしまえばむしろ容易にこなすことができる点がその理由でしょう。

そもそも事務の仕事の具体的な仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

多くの事務職に共通しているものを挙げるとすれば、

  • 電話やメール
  • 来客への対応
  • 郵便物や宅配物の郵送・受け取り
  • 仕事や会議などで使用する書類の整理整頓
  • データをまとめる作業
  • ファイリング

などがあります。

掃除や買い出しなどの雑用を任されることもあるでしょう。
領収書の整理や社員への給料の管理など、経理に関する仕事を任されることもあります。

もちろんこれらは事務職の種類や勤める企業によっても変わってきますが、特に知っておきたいのは前者。

多くの人は事務職と言えば一般事務を思い浮かべるかもしれません。
しかし、それだけではないのです
営業事務や貿易事務と呼ばれる種類があり、これは事務職の中でも少々専門的な分野であるため、英語力や豊富な知識が求められることがあります。

医療事務や介護事務、歯科事務などは医療系の事務職ですが、これらも未経験でも就業可能。
秘書も事務職に数えられることがあり、仕事内容は一般事務とさほど大きな違いはありませんが、大事なのはこうした呼び名や種類があることを知った上で仕事探しに取り組むこと

転職したい女性は転職後の失敗を防ぐために、まずはこうした知識を身につけることから始めるべきです。

事務職に向いている女性の特徴とは


上で挙げた種類の事務職のほとんどは、未経験者でも就くことができます。
ただ、この仕事に向いている女性もいれば、あまり向いているとは言えない女性もいるため、転職したい女性が事務職に興味を持ったら、まずは自分の性格等がそれに向いているかどうかを判断することがポイントとなってきます

仕事内容を見てもわかると思いますが、事務職は決して職場の主役ではありません。
明らかに縁の下の力持ちのような立場のため、性格的にも人を支えたり影で頑張ったりすることが好きな人の方が向いています。

また、指示されたことをコツコツとこなし、指示されていなくても他の社員や従業員の欲していることを読み取りながら自分で仕事を見つけることができる、そんな気遣いや心遣いができる人は、事務職にマッチしていると言えそうです

具体的スキルとしては、パソコンを扱えなければ事務職に就くことは難しいでしょう。
書類やデータの整理、あらゆる仕事がパソコンを用い行われるようになってきているため、パソコンに一切触ったことがない人は難しいかもしれません。

資格などは特に必要ありませんが、

  • パソコンに関する資格
  • 簿記検定
  • 秘書検定
  • TOEIC

など英語関連の資格を持っていると有利であるとされています。

  • 1